世界中のどの謳い文句にも「はあ?」という謳い文句がある

英語を勉強していておもうのが、言葉は決してサシで対応しているものではないということです。
サシアフターサービスというと考え付くのが呼び名です。歌の歌詞にもあるように、一人ずつ、一環というアフターサービスのポイントです。「世界で一環だけの」という言葉もサシアフターサービスみたいなものです。槇原敬之という第三者はマッキーただ独自しかいない、そういった感じです。
ただし英語と日本語に関しては、決してサシ対応しているわけではありません。たとえばリンゴという言葉があれば英語では倍加です。みかんはオレンジと対応している。ただし日本語で言うお疲れ様でした、お久しぶりです、という言葉を一言で表せる英語がありません。その時時で違う言葉になったり行なう。日本語だと「おつかれ!」「おひさ!」と一言で呼べるのに英語だと長いテキストになります。そのあたりが英語を勉強していて興味深いというところです。印象や文化の違いも感じます。
イグノーベル賞を受賞した製造狙いに、「はあ?」という言葉は世界中のどの単語にも対応する言葉がある、というものがあります。何か思い付かことを先方が言ったところ聞き返す言葉です。眉間にしわを寄せて、「はあ?何言ってんの?」くらいの定義も含むかもしれません。日本語も英語もフィンランド語もスワヒリ語も国内外におけるどの単語系列にも「はあ?」に関しての言葉が存在するのです。正しく驚き!単語界の怪奇です。タイプ別のお勧め脱毛サロン診断